基本は給油作業をします

ガソリンスタンドのアルバイトは基本的には接客がメインになります。まず給油するガソリンの量を確認し、カード払いか現金払いかを聞きます。給油を開始した後は窓ふきや灰皿清掃を行います。窓ふきは傷が付くのを嫌うお客さんもいるので必ず確認しましょう。また、水抜き材やカーボン落としなどの添加剤も販売する様、求められます。晴れている日には洗車案内も積極的にしないといけません。要するに給油を通して色々なものを販売する訳です。

男性のアルバイトはタイヤ交換もします

男性のアルバイトはオイル交換やタイヤ交換もしなければなりません。体力に自信が無い人には少々キツイ仕事です。オイル交換は簡単そうに見えても車種ごとにやり方が変わってくるので一台一台覚える必要があります。エレメント交換も工具を組み合わせて使うので技術の向上も求められます。タイヤ交換はインパクトドリルを使って行いますが、車種によってはトルク指定があります。指定のトルク以上でインパクトドリルを使うとボルトが切れる恐れがある事を念頭に置いておきましょう。

慣れてくれば棚卸をします

ガソリンスタンド勤務が長くなるとアルバイトも棚卸作業を手伝います。棚卸は時間が掛かるので当然ですよね。ガソリンや軽油はコンピューター管理なのでノータッチですが、少々面倒なのがカー用品になります。特にオイルは切り売りなどもしているので、正確に売り上げ金額と会いません。売り上げより数量が少ないと帳尻を何かで合わせる必要が出てきます。また、売上伝票の整理も大事な仕事です。月に数回本部が回収に来るので、それまでに整理を任せられるので、事務仕事も自然と増えてきます。

ガソリンスタンドでのバイトは休日になると、交通量が増えますととても忙しくなります。ですが、セルフのガソリンスタンドが増えてきていますので人ではあまりいらなくなっているのも今の現状です。