日本の高度成長を支えた働き方

企業も最近の社員の動向に気を使うことが多く、また人事担当も仕事が多くなっています。何故ならば、昔の高度成長期には終身雇用制や年功序列といった制度が日本の企業に根付いていて、ひとつの企業に入社したら定年まで保障されているのと同様な状態で働き続けることができる環境にあったためです。そのため、働く社員も愛社精神を持って働き、今でいう転職等をする社員は少なく、また転職しようと思うこと自体が一般的ではなかったのです。

世界企業と取引することで世界の文化が入ってきた

ところが日本企業が成長し切って、世界を舞台に企業活動を始めるようになると、海外企業の文化を取り入れる企業が多くなったのです。その海外企業の特徴のひとつに、実力主義という考え方があるのです。日本を支えた終身雇用制や年功序列をいう制度は崩壊して、社員ひとりひとりの実力が企業を支えているという考え方が主流になり、それを受けて社員自身も自分の価値をできるだけ高く評価してくれる企業を探して転職するようになったのです。

人事担当者の採用業務が多忙

企業が昔よりも中途採用の求人を出すのはそのような背景があるためです。企業としてもより有能な社員を採用したいと考えますし、社員自身も同じ仕事をしているのであれば、より自分を高く評価してくれる企業で働きたいと考えるのは当然です。社員のそのような考え方が今は主流になったために、社員の流動性が高くなり、企業によっては社員が退職して中途採用の求人を絶えず掲載することになったりと、人事担当者も昔よりも採用業務が多くなっています。

プラントの求人は、理系分野の技術者を対象としたものが多く、時には海外出張などの必要性が生じるため、バイタリティーのある人材が好まれる傾向があります。